韓国情報・雑記

LCC(peach)利用時に!NPHで買った使えるアイテム

少しでも安く利用したい!

 

Peach(LCC)のリーズナブルな価格って本当にありがたいですよね

そのお陰で韓国がこんなに近い存在になったと言っても過言ではありません。

ピーチ様様です

 

先ずはPeachの価格をおさらい

価格は座席の埋まり具合で日々変動します。残席が少なくなればなるほど高くなります。

関空⇔仁川ハッピーピーチ通常価格の底値 片道5,280円。

そこから諸税・空港利用料等(関空1,540円・仁川2,810円)が加算されます

さらに座席を指定する場合600円~2,200円

荷物を預ける場合1個につき2,000円

追加オプションで

チケットガードが3,200円

旅行保険が4,740円

と、必要に応じて高くなります。

そして支払い時、支払い手数料が必要です。

(2017.05.29現在インターネット予約)

 

このように自分で要不要が細かく選択出来る上、価格が日々変動するため、Peachで予約する時には数百円数千円に拘ってしまいませんか!?

私はいつも、都合が良い日程の中で一番安く行ける便の組み合わせに悩み、頭から煙が出そうになってる記憶しかありません。笑

こうして狙いを定めてても、「ちょっと家族に最終確認してから…」と数日予約を引き延ばしてる間に「1,000円高くなってる!!!」と地団駄。なんて事も有りますしね( ;∀;)

 

海外旅行には必須の大きなスーツケースは使わない

そんなこんなで、Peachをより安く利用するために、皆様いろいろ工夫されてる事と思います。

私は一番手っ取り早い、受託手荷物を減らす事を心掛けています。

コンパクトに折りたためる袋を、機内持ち込み荷物の中に入れて持って行くと、往路の受託手荷物をゼロに出来るので、それだけで2,000円分浮かせますもんね

 

そこで登場バイヤーバッグ

 

とっても活躍してくれてるのが、N.P.H(南平和市場)で購入したバイヤーバッグ

 

 

東大門の卸売りビルのあちこちで、パンパンに荷物が詰まった黒いバッグが、ゴロゴロ転がってるのを目にされた事が有るかと思いますが、あの袋です。

 

それを下の画像のように纏めて、機内持ち込み手荷物の中に入れて持って行ってます。

 

 

薄くて軽いのに大容量

様々なサイズが売られてましたが、私が持っているのは

◇(約)横62cm・縦43cm・厚み17cm・重量280グラム。

◇(約)横70cm・縦50cm・厚み20cm・重量390グラム。

春夏に渡韓する時は小さい方を、冬服は嵩張るので大きい方を、と必要に応じて使い分けています。

韓国でたくさん買ったモノをぎゅうぎゅうに詰めて持ち帰っていますが、かれこれ6年程使っていても、縫い目が解れる事もなく、端が破れる事もなく、ファスナーがダメになる事もなく、とっても丈夫で大活躍してくれています

 

旅行以外に普段でも、クリーニング店に持って行く服を入れたり、なんやかんやと荷物を入れて使えますので本当にオススメです