K-POP

【PRODUCE X 101】第2話感想・早くもMnetの掌で転がされる。

 

PRODUCE101 シーズン2は、期せずして「成長を見守る」サバイバル番組になりました。

プデュは何が起こるかわからない

誰もがそのワクワク感に熱狂し、結果的に、練習生期間6ヶ月だったヒヨコ練習生クァンリンちゃんが選ばれるというミラクルが生まれました。

でもそれは

CUBEという名の知れた事務所でありながら、ヒヨコ練習生を送り込むという荒技に出たことや

YGは練習経験すらないYG-Kplusというモデル事務所のモデルを参加させるなど

「そうきたかー!」という、誰も想像し得なかった秘策に打って出た、事務所の貢献も大きかったように思います。

 

プデュX、節操がない事務所と私

 

デビュー基準を満たしていない最下層クラス【X】を新設したこと、そのXクラスは合宿所には入所出来ないことが、第1話で発表されました。

これはシーズン2の爆発的な成功により、それに続けとばかりに、何でもかんでもヒヨコ練習生を送り込んでくる事務所に対して、Mnetからの警告だと捉えたい。

そう思えるほどに、今回は練習生期間数ヶ月の練習生(中には応募時数週間の練習生も)がゴロゴロいて笑えない状況でした。

 

オリジナリティを放棄した各事務所の能無し社長どもめ

 

そう毒づいてたのも束の間

Xクラスの風景が映し出されるやいなや

プロデュースX101の第2話の画像

 

Xクラス可愛いーーー!

髪の毛びちゃびちゃにしながら一生懸命頑張っとるーーー!

と、一瞬で翻ったのでした。この子たちに罪は無いのだと。

 

Xクラスへの焦点部分あらすじ

 

第1話と第2話で事務所別評価が行われ、練習生たちのクラス分けがなされました。

大量に出るX判定。

評価終了後、荷物をまとめたXクラスの練習生たちが、バスに詰め込まれどこかへ向かいます。

自宅へ強制送還されるのかと思いきや、なんと別場所にて練習できることになったのでした。

プロデュースX101の第2話の画像

 

そりゃそうでしょう

Xクラスにはビジュアル抜群の子や話題性のある子がわんさかいるんですもん、その子達がゴソっと居なくなったら番組が成り立ちませんw

 

ダンスポジションのヒョンジュン君がXクラスのリーダーを引き受け練習が始まりました。

がっ!!!

なんせダンス経験の浅い子が多いため、全く捗らず、リーダーの負担は増えるばかり…

プロデュースX101の第2話の画像

 

「_지마」の基本の振り付け(超簡単)でさえも、ちゃんと教えたのに覚えてない子がいる始末。

 

ブチ切れたダンス担当のヨンジュン先生が、部屋から出て行ってしまいました。

プロデュースX101の第2話の画像

 

しかーーーし!!!

ここからXクラスの雰囲気が変わります。

 

プロデュースX101の第2話の画像

「もう一度!」「もう一度!」「大きい声で!」って皆を鼓舞するヒョンジュンリーダーと、そのリーダーに必死で付いていく練習生たち。

みんな心を一つにして、「_지마」の振り付けを何度も何度も重ねます。

 

プロデュースX101の第2話の画像

 

カウントする声が待機室にまで届いたようで、ヨンジュン先生が戻ってきました。

プロデュースX101の第2話の画像

 

もーーーーヨンジュン先生ったら、Xクラスのやる気を引き出すため、激怒した振りをしましたね(ノД`)・゜・。

 

先生から「ありがとう皆」という言葉をもらい、感極まる練習生たち

プロデュースX101の第2話の画像

 

そして単純なXクラスの練習生たちは、まんまと乗せられたうえ「自分たちもやれば出来る!!!」と奮起して、さらに頑張るのでした(ノД`)・゜・。

プロデュースX101の第2話の画像

 

号泣(´;ω;`)

こんなん見せられてハマらないオタクがどこにいるでしょうか!?

あっさりMnetに転がされてます(むしろ本望)

 

その一方で

溺愛しているヒョンジュンくんが主役となり、謎の施設で素敵ドラマを繰り広げているとは夢にも思わず

スターシップの練習生3人がX(脱落)になってしまったから、その子達の分も頑張らないと…と言い、無我夢中で練習に励むハムちゃん。

一人で黙々と練習するスタシのハムくんの画像

 

こっちも可愛いぞ\(^o^)/

 

さてさて、私がスタシの中で一番推してるムンちゃんが、Mnetには一番推されてないのですがどうしたらよいのでしょうか。

そちらの行方も今後気になります。